治療に対する考え

 

はじめまして、西岡歯科医院の院長、西岡士郎です。歯科治療に従事して約20年が経過しました。毎日毎日せっせと患者様の痛みに向き合っている毎日です。僕にも若い時には希望とか夢がありました。それは、患者様からありがとうの笑顔を頂く事。勿論半分は達成できていますが、残念ながらその半分は達成できていません。それは、「痛いから直す」いわゆる疾患を追いかける治療の際、病気の先回りができないことに憤りを感じでなりません。抜歯とか、抜髄(神経をとる)治療をせずに最小限の治療にとどめて、入れ歯やインプラントに頼らないお口元にしてあげたいと願うばかりです。

どうすればいいのでしょう。

従来は、健康と不健康者の両極に分けて物事をとらえていました。しかし、これって正しいでしょうか?健康な人があくる日の朝に急に虫歯や歯周病になりますか?なりませんよね。つまり、健康と不健康の間に未病というかグレ-ゾ-ンがあることを忘れてはなりません。未病を放置すると必ず病気になります。つまり、未病の段階で救いの手を差し伸べるのが歯科医師としての役目だと考えています

特に歯周病に関連した細菌が血管を通じて全身の疾病を引き起こすことが最近の研究で知られており、医科の先生方から口腔ケアの必要性が話される機会が増えてきました。

当歯科医院では、かかりつけの医科の先生方と連携を取りながら定期的な受診を頂き健康(健口)を守るかかりつけ歯科医として、あなたの良きパ-トナ-となるように努力していきたいと考えています。